任意売却ホットライン

TEL:0120-088-020受付9:00~19:00 (日祝は18:00まで)

「任意売却とは」を図解します

任意売却相談 アンケート クオカード

一般的な不動産売却では

任意売却相談 説明

一般的な不動産売却では借りている住宅ローンを完済する必要があります。(そうしないと、銀行は抵当権を外してくれません)

プラスになるケース【下図(一般的な不動産売却①)】では、残っているローンを銀行に返済して売却手続きが完了します。
マイナスになるケース【下図(一般的な不動産売却②)】では、売却時に不足金全額 をご用意して銀行にローンを全額返済することで、売却手続きが完了します。

通常の不動産売却とは

任意売却とは?

任意売却とは、上図②のように住宅ローンを全額返済しない状態で、売却手続きを完了させることです。

不動産の任意売却とは

上図(一般的な不動産売却①)のように、ローンを完済して銀行に抵当権を外してもらい売却手続きが完了します。これが大原則です。

住宅ローンの返済が困難になると、銀行はその不動産を差押え競売にかけますが競売では市場価格より2~3割低い価格になることが多いのです。

原則ローンを完済しないと売却できませんが、私たち不動産仲介会社が債務者と債権者の両方に満足が得られるな価格で売買を成立させるのことを 任意売買(任意売却)と言うのです。

なんとなくおわかり頂けましたら次へお進みください。

任意売却をして残った債務は

「任意売却すれば、残った債務についてはチャラになる」
都合よくお考えの方もいらっしゃいますが、それは間違いです。

残債務については一括請求です。 ただ、そんなことが出来るならはじめからそうしてるはずですね。 支払いできる範囲での話し合いとなるのがほとんどです。追い詰められて、最終的に自己破産という逃げ道もありますが、 私たちに任意売却を依頼され、カードローンもなく住宅ローン債務だけが残ったという方については、自己破産までしない方がほとんどです。

任意売却後のローン残は? >>>

金融機関にとっても任意売却の方がアリガタイ

競売だと、裁判所に支払う費用、時間もかかり、安値で落札という金融機関にとってもデメリットです。 任意売却であれば、回収率もアップするというメリット がありますので、住宅ローンの支払いが滞り出すと銀行から任意売却を勧められるケースもございます。

任意売却を依頼する業者で依頼者の運命が決まる

引越し代の額にしても技量が大きく作用します

任意売却で完結するはずの依頼が競売へとなってしまうこともあるのです。

業者の些細なミスで、任意売却が一転、競売となってしまうのです。業者がもうチョット機転を利かせば任意売却で事が収まったのにという状況を目の当たりにして来ました。

任意売却は、どの業者が処理をしても同じ結果には終わりません!

業者さん選びの助けになれば良いにですが・・

引越し代を捻出してくれる業者を選ぶこと。

絶対に引越し代を認めない債権者もいますが、依頼した業者の力量不足で引越し代の捻出ができないのは悲しいですね。

任意売却後の残債務について無料でサポートしてくれる業者を選ぶこと

保証人に迷惑が最小限で済むよう処理を行う業者を選ぶこと

任意売却をするということは、保証人にも迷惑がかかります。しかし連帯保証人/保証人に極力迷惑が及ばない方法をアドバイスしてくれる業者を選びましょう。

任意売却ホットラインとは

任意売却業者間のネットワークを構築いたしております!

任意売却のアドバイザー

任意売却ホットラインは、日本各地の不動産業者および任意売却業者のプロフェッショナル集団のネットワークサイトです。

それぞれの地元において弁護士/司法書士/税理士/会計士/不動産鑑定士/FP等の専門家達と業務提携を結んでおります。

専門家との連携を密に取ることで、常に状況判断を素早くすることを可能にし、ご相談者様のご負担を少なく有利な条件をご提供できるように、 私たちは精一杯努力させていただいております。

私たちの哲学

 私たちはこれまでの経験と実績から任意売却という方法が、不動産を伴う債務処理において、 債務者および債権者の双方にとって最も円満な解決方法だと考えております。 この任意売却を住宅ローンの返済や競売などで悩んでいる多くの方々に伝え、再出発のお手伝いをすることが、任意売却ホットライン参加企業の使命です。

 住宅ローン滞納者およびローン返済滞納予備軍の方々の不安を解消し、問題を解決して安心できる生活の確保と再出発のサポートを 実行いたしております。

>> ファックス相談シート(PDF)必要事項をご記入上、ファックスお願いします。

>> メールフォーム

電話で任意売却相談 メールから任意売却無料相談