任意売却ホットライン

TEL:0120-088-020受付9:00~19:00 (日祝は18:00まで)

離婚に伴う任意売却は増加傾向にあります

住宅ローンの返済滞納

住宅ローン破綻の質問

離婚をして、別れた夫が家を出て行きました

そして現在ローンは私が返済しておりますが苦しいです。

離婚後、旦那様が家を出てき奥様がお子さんと住み続ける場合。 また、旦那様も奥様も退去される場合など様々です。

ご両親にお金の援助を頼んでみてはいががでしょう

可能であれば、ご両親に援助をお願いする。 親戚に援助をお願いする。 または、その不動産を売却して賃貸の物件に移り住む等々です。

返済額の変更の交渉

住宅ローンの融資を受けている金融機関へ返済のリスケジューリングを相談すべきです。 リスケジューリング通称リスケとは1年間とか2年間月々の返済額を減額してくれる措置です。 ただし、リスケが終わった翌月にはそれ以上の返済額が襲って来るマイナス面も存在します。

2度目のリスケが認めてもらえなかった。 3度目のリスケが認めてもえなかったというような方々が任意売却を選択しております。

任意売却を考えてみてください

最悪のケースとして、住宅ローンの返済が出来なくなってしまった場合には任意売却を考えるしか道はないです。

ローンを返済しないで家をそのままキープしたい

お気持ちとしては、ローンは払わずして、家もそのままキープしたいということだと思います。 しかし、ローンの返済なくして家のキープはあり得ません。

世の中の全ての人たちが同じようなお気持ちだと思いますよ。
電車代を払わずに電車で通勤したい。 お金を払わずにレストランで食事がしたい。 お金を払わずにブランドのバックが欲しい・・・。

住宅ローンの返済がきつくなりだしたら

何を置いても真っ先にローンの融資を受けている金融機関に相談してください!

へたな任意売却業者に相談をすると、強引に任意売却の契約をさせられる場合があります。 任売の業者との契約はいつでも破棄はできるのですが、実費と称して幾ばくかのお金を請求されるかも知れません。 少しとはいえ不愉快な思いをすることになります。

相談の順序を間違えないでください。
相談をした金融機関で任意売却の話が出たら任意売却の業者へ相談です。

住宅ローンの返済が出来なくなりそう

ボーナス月の返済が出来ない

住宅ローンの返済が滞っています

月々の返済が慢性的に滞り気味です

競売の申し立てを受けてしまいました

競売から任意売却に変更したい

競売の申し立てを受けそうなのですが・・

競売にかけると銀行さんに言われました

競売の連帯保証人・任意売却の連帯保証人

連帯保証人には迷惑がかかります

親子間の任意売却

親子間の不動産売買

その他

不動産売却後の差額分の補填が出来ない場合

電話で任意売却相談 メールから任意売却無料相談