任意売却ホットライン

TEL:0120-088-020受付9:00~19:00 (日祝は18:00まで)

私の父が連帯保証人です父に迷惑のかからない方法は

競売の通知が来ました私の父が連帯保証人です父に迷惑のかからない方法を教えてください

競売の通知が来ました私の父が連帯保証人です

連帯保証人に全く迷惑のかからない方法はありません

連帯保証人に一切迷惑をかけたくないのであれば、残っているローンまたは抵当権者から要求されている条件を実行することです。

そもそも、連帯保証人はお金を借りた本人が返済出来なくなった場合には本人に代ってお金を返済しますという約束をした証です。

お金を貸した側は、本人から返済がなされないのであれば、約束に従って連帯保証人に請求をするのは至極当然のことです。


連帯保証人にかかる迷惑をいかに最小限度に抑えるか

連帯保証人になられている方の現況により対応の仕方が異なって来ます。
連帯保証人になった当時は会社勤めだった人が、今では年金で細々と暮らしているようなケースでの対応。

資産家のお母様が連帯保証人になっていて、そのお母様の資産へのダメージをいかに最小限で食い止めるか。

連帯保証人の扱いはケース バイ ケースです。 連帯保証人が全て、金銭的なダメージを受けるとは限りません。 中には軽微な金銭的な負担で済む場合もあります。 しかし、逆に連帯保証人が自己破産をしなければならないケースも有ります。


連帯保証人として返済することができない

連帯保証人の支払いが難しい場合は、早い段階で債務整理を検討しましょう!
連帯保証人としての借金を返済するために他から借金をしなければならないようなケースでは、借金をする前に弁護士や司法書士に相談しましょう。

自己破産をして処分の対象となるのは、自分名義の財産だけです!
自分が自己破産をすると、家族名義の財産に影響を及ぼすのでは、と不安に感じ、自己破産を躊躇される方もいらっしゃますが、自己破産をして処分しなくてはならない可能性があるのは自己破産をされる方ご本人名義の財産に限定されます。


離婚をした連帯保証人が見る地獄

離婚をして家を出て行った元の旦那様のケース
離婚の条件の一つに子供達への養育費以外に家のローンの返済を同意したのにもかかわらず、その住宅ローンの返済が滞納で連帯保証人にも競売の通知が届く。 そして、任意売却でも自分で購入するお金が用意出来ず、賃貸マンションへ移ることになる。

奥様のお父様が連帯保証人のケース
まさか娘が離婚をするとは夢にも思わなかったので、マイホーム購入時には喜んで連帯保証人になったのですが・・。 時が経って、娘夫婦は離婚、挙げ句の果てに元の旦那様のローン返済滞納で競売。 競売で返済仕切れなかった残債分を連帯保証人へ請求が来てお父様の老後のための蓄えを使って返済。

離婚をした奥様に収入が有るケース
元の旦那様に連絡が付けば任意売却で自宅を買い戻せますが、元の旦那様に連絡が付かない場合には任意売却ができないので競売となってしまいます。 当然、競売で返済できなかった残債の返済しなければなりません。


離婚後、悲惨な状況に陥る連帯保証人のパターン

別れた旦那様との連絡が完全に途絶えてしまうことが原因!
愛の醒めてしまった元旦那様のことなど全く興味の欠片も無いのでしょうから、それは仕方ないことなのでしょう・・。

しかし、住宅ローンの返済などを離婚の条件にしているような場合には、絶えず元の旦那様の所在だけは把握しておかないと駄目ですよ。

別れた旦那様も、離婚後、新しい結婚生活を営むかもしれません。 もしくは、ホームレスと見間違うような生活を送る人になってしまうかも知れませんよね。 どちらにしても住宅ローンの返済など出来ない経済状態に陥るかも知れません。 そうなると、奥様の元へ競売の通知が届くことになるのです。

元の旦那様に連絡が付くのなら
任意売却で自宅の買戻しなどの対策が立てられますが、所在不明だと手の打ちようが無いのです!


任意売却をご相談ください

任意売却で問題の不動産を売却するか、身内で買戻すかをすれば、債権者との交渉の過程で連帯保証人の取り扱いも総合的に交渉していけます。

任意売却ホットラインへご相談ください。

住宅ローンの返済が出来なくなりそう

ボーナス月の返済が出来ない

住宅ローンの返済が滞っています

月々の返済が慢性的に滞り気味です

競売の申し立てを受けてしまいました

競売から任意売却に変更したい

競売の申し立てを受けそうなのですが・・

競売にかけると銀行さんに言われました

競売の連帯保証人・任意売却の連帯保証人

連帯保証人には迷惑がかかります

親子間の任意売却

親子間の不動産売買

その他

不動産売却後の差額分の補填が出来ない場合

電話で任意売却相談 メールから任意売却無料相談