銀行さんのために働く任意売却業者さん

任意売却業者さんいろいろ

銀行さんのために働く任意売却業者さん、債務者のために働く業者さん


銀行さんから紹介される任意売却業者さん


任意売却ってどこに頼んでも同じですか?

任意売却の業者が違えば当然結果も違います

業者の処理の仕方、債権者との対応仕方によって、依頼者が受け取れる経済的なメリットも、売却後の利益の大小が大きく異ってきます。 処理の仕方、やり方次第で結論が大きく変わり、今後の生活に与える影響も大きいものがあります。

駅前不動産屋でもいいの?

任意売却って、どの会社が処理しても結果は同じと思っていませんか?

大手不動産仲介会社、駅前不動産屋でももちろん大丈夫です。ただ、任意売却という手法がイレギュラーな取引となりますので、 担当してくれる営業マンが任意売却に精通しているかはわかりません。
営業マンの知識と経験の無さから、購入申込みが入り、契約の寸前までいっているにも関わらず、極々単純なミスで競売になってしまう ケースを眼のあたりにしております。しかし、その業者は自分のミスだということすらわかってないのです。
  不動産という高額な取引ですから大手志向になるのもわかりますが、せめて2社以上に相談してから慎重に業者を選んで下さい!


出来ないことを出来ると言いきる任意売却業者さん

おいしい言葉の羅列に踊らされないように

税金の滞納分を交渉で負けさせると言い切ってしまったり、引越し代は確実に出しますと言い切ってしまう業者さんがいます。 自社でもらう仲介手数料を削ってでも、約束してくれるのであれば安心ですが、これから債権者と調整して決まっていくものですので、相談の段階で言い切れる話ではありません。

また、税金については地方自治体により取扱いは大きくことなります。 遅延損害金分を丸々削ってくれる場合、ほんのチョットだけなら削ってくれる場合、一切減額交渉には応じてくれない場合など様々です。

にも関わらず、『私が交渉でなんとかします。大丈夫です。お任せください』と言い切ってしまう業者さん。

結局は、滞納した税金を負けさせることができなくてガッカリさせられることになるのです。 その時点になって、業者を変えようと思ってネット検索をかけて違う業者にお問い合わせをしても、皆、時期的に今からはお引受けできませんと断られることになるのです。


任意売却は不動産の売買です

失敗をしない任意売却を行うために

不動産の免許を持った業者さんを選ぶことをお勧めします!

任意売買とは不動産の売買のことです。 売買をする不動産がたまたまローンが残っているので、それを処理して不動産を売却する行為です。

不動産の免許を持たない方、いわゆるブローカー的な方でも任意売却の交渉事には携わることができますが、万が一、その方が何らかの不正を行っても苦情の持って行く先が無いことになるのです。


結局、お金はもらえるの?

引越し代は原則、出してくれない傾向に変わってきています

5年程前であれば、引越し代を売買代金の中から配分してもらい、不動産引渡し後に売主である債務者に30万円程ですが、お渡しできていました。

しかし、近年では、認めない債権者が増えてきています。

私たちに依頼して頂いても、お金をお渡しできない場合もありますので、1円ももらえないことを想定しながら面談させて頂いております。 しかし、現状はというと、まだもらえる事の方が多いですが、理由については面談の際にお知らせします。


引越し代100万円は疑ってかかってください!

条件が整えば100万円の引越し代は可能ですが・・

昔の引越し代の事例を未だに掲載していたり、引っかけ言葉で使ったりしております。

引越し代100万円を提示して、稀にそれが認めてもらえるケースがあります。たまたまではなりますが、100万円の引越し代が出る例もあります。  その理由は、残置物が多いなど本当に引越し代が100万円以上かかるケース、取引金額が5,000万円以上の取引、事業資金絡み、等と言った場合は、 100万円の引越し代も希望が持てます。 あと、購入者が売主の親族や、知人のケースであれば出来ることもあります。


引越し代に釣られてはダメ

引越し代は20万円~40万円前後と考えてください

引越し代は一般的に、出してもらえても20万円 ~ 40万円前後だと思ってください。

住宅金融支援機構の場合、自己破産をする方以外は完璧にゼロ円です。非常に厳しいものとなっております。

とある方の任意売却のセミナーに出席させていただきました、その講師の方が 『任意売却で引越し代は法律で認められている』とおしゃっておられました。 他の出席者に『なんという法律の何条に規定されているのですか?』の質問に答えを詰まらせておりました。

任売の引越し代は法律では規定されておりませんで言葉に釣られないでください。


1社だけに相談して依頼先を決めて大丈夫?

複数社に相談して決めてください!

通常の不動産売却手続きであっても、よくわかっていないあなたが、たった1社にだけ相談して、「なんか感じ良いから」と依頼先を決めてしまってはいけません。お客様商売なのですから、感じ良いのは当たり前です。

途中で「話が違う」と業者変更することも可能ですが、限られた時間しか残されていませんので、あなた自身がある程度、 任意売却の知識を持ってから、依頼先を決めることをお勧めします。


任意売却終了後のことも考えて

家を売って、引っ越して終わりではないのです

それからが新たなスタートなのです!

任意売却が終わってからも、残っている住宅ローンの返済について債権者から色々な通知が届きます。  対応の仕方を間違えると、給料差押えで勤務先にもバレてしまう事もございます。 給料が差し押さえられるということは、単に手元のお金が少なくなるだけでなく、会社にもバレてしまうのです。 それを理由に、クビになることはありませんが、印象は良くありませんよね。

司法書士さん、弁護士さんにお金を払ってまで聞く内容では無いレベルの質問などは、終わったあとも気軽に相談できる業者を選んぶことも大切です。


任意売却ホットライン マンガ
  競売開始決定通知が届いたら任意売却をご相談ください
任意売却の費用

 宅建業法に規定されている仲介手数料のみを成功報酬として頂き、相談費用は無料です。着手金、顧問料、コンサルタント料等といった、仲介手数料以外の報酬を請求することはございませんので、安心してお問い合わせください。


任意売却アドバイザー

任意売却アドバイザー

 任意売却を依頼するときは複数社に相談してから決めましょう。 専任のアドバイザーがあなたにあった解決策を提案させていただきます。