競売開始決定通知が裁判所から来たら

現精神的負担の大きい競売よりも任意売却を・・

競売とは

金融機関が住宅ローンの融資して上げた方から月々の返済を受けられずに困った銀行などの債権者が、融資をしたお金の回収のために、債務者が所有する不動産や担保物件の売却を裁判所に申し立て、そして担保に取ってある不動産を差し押さえて、裁判所の管理下で強制的に売却し、その売却代金から債権者が支払いを受ける手続きです。

また、相続によって得た財産物件を分ける場合にも不動産競売を利用する場合も有ります。 相続の場合にも、裁判所に不動産の売却を申し立てて、物件を売ってもらい、その売却代金から相続人が代金分割を受けることになります。


競売で処分されても全額は返済できません!

競売が終わったからと言って借金が消滅するわけではありません!

競売で、不動産が処分される場合、通常の不動産売買よりも取引価格が下がる場合が多いのが現状です。

その大きな理由として、競売物件はいわゆるキズモノとして扱われ、買い手は低い価格で落札しようとするためです。 競売は市場価格の60% ~ 80%位の売買価格にしかなりません。

住宅ローンのかなりの額が残債として残ることになります。

この返済し切れない住宅ローン(残債といいます)は、当然、返済の義務は競売終了後も当然有りますし、請求もされ続けます。

債権者の中には競売後の返済に関しての契約を公正証書で結ぶことを要求してくる場合が多々ございます。

競売は、終わってからもかなりの負担がかかって来ます。 当社は、負担のかかる競売よりも任意売却を強くお勧めいたしております。


競売と任意売却

競売と任意売却の大きな違い

競売は自分が先頭に立った個人戦です。 任意売却は私たちのような業者が先頭にたった団体戦です。

個人戦でも、対戦相手はプロです。 素人がプロを相手に勝てるわけが無いと思いませんか。 プロと戦うのですから、プロに代理を頼んだ方が良いとは考えられませんか?

競売と任意売却を比較した際の大きな違いは、債権者へ返済出来るお金が大きく異なります。 一般的には任意売却の方が多くのお金が返せるのです。 したがいまして、終わってからの残債務の返済も大きく異なって来ます。

競売にかけてくる債権者にとっても競売は裁判費用で100万円近い費用がかかるので、任意売却の方を希望するのです。

  任意売却 競売
金銭面 市場に近い金額で売却できる為、債権者に多く返済できる 売却価格が低くなるために返済金も大きくなる。 売却までに時間がかかるために、その分の遅延損害金が加算される
精神面 一般の売買と同じなので周りに競売にかけられたことを気付かれない 裁判所に公示され、債権者も訪ねてくるので金銭トラブル・競売をご近所に気付かれる
転居費用 引越しの期間を調整できる可能性が有りますし、引越し代も出る可能性がある(当社の場合には当社負担) 落札者からすぐに出て行くように言われれば、引越し費用が無くても出ていかなければいけないし、退去費用の交渉も自分で行わないといけない
債権者 裁判費用の負担が無い。 残債務に関して月々の返済額を生活に支障の起きないレベルの額にして貰えるのが一般的 約100万円の裁判費用の負担がある。 残債務の返済は住宅ローンを返済するのと同じ位の額を月々求められることが多い

競売が先か自己破産が先か

競売後に自己破産をする気のない方は任意売却をすべきなのですが・・

競売で自己破産を考えている方にアドバイスです。

競売が先です! マイホームを所有したまま自己破産を申し立てると、通常は少額管財手続となります。
そして、同時廃止手続にするためには、自己破産を申し立てる前に競売や任意売却によって先行して住宅を処分し、不動産を所有していない状態で自己破産を申し立てることが必要です。 ただし、物件査定額の1.5倍以上のオーバーローンの不動産であって、他に財産がなければ、同時廃止にします。 つまり、被担保債務残額÷不動産評価額=約1.5倍以上ある場合では自己破産をすることが可能となります。


お独りで悩んでいては何の解決にもつながりませんよ

1年間に約2,600人近い方々の住宅ローン問題のお悩みのご相談をうかがっております

私たちは任意売却のアドバイスで1年の約半分は日本各地を飛び回っております。 そんな任意売却コンサルタント・専門家・エキスパートたちのアドバイスを受けてみてください。

お独りで考え込む、素人同士で意見を出し合う、ネット上の掲示板に質問を書き込んでチョットだけ詳しい人(?)に回答を貰う。 それよりも、今、現在、現場で 実際に任意売却の処理をしているプロに貴方の心の中のモヤモヤをぶつけてください。

任意売却ホットライン マンガ
  競売開始決定通知が届いたら任意売却をご相談ください
任意売却の費用

 宅建業法に規定されている仲介手数料のみを成功報酬として頂き、相談費用は無料です。着手金、顧問料、コンサルタント料等といった、仲介手数料以外の報酬を請求することはございませんので、安心してお問い合わせください。


任意売却アドバイザー

任意売却アドバイザー

 任意売却を依頼するときは複数社に相談してから決めましょう。 専任のアドバイザーがあなたにあった解決策を提案させていただきます。