任意売却ホットライン

TEL:0120-088-020受付9:00~20:00 (日祝は18:00まで)

1棟建てアパートの不動産ローンが払えない

不動産ローンの返済が出来なくなったのなら

1棟建てマンションの競売

返済のリスケジューリング(リスケ)を

先ずは、何を差し置いても不動産ローンの融資を受けている金融機関に返済のリスケを相談すべきです。

リスケを認めてくれる期間・月々の返済額圧縮などは、その相談時に決まります。 属性の良い方の場合、リスケが2度~3度認めてもらえる場合も有ります。

しかし、リスケジュール(リスケ)が終わった後に地獄を味わうことになる人たちがたくさん居ます。 リスケ期間中、返済額が少なくなっていた分、リスケ終了後は返済額が激増することになります。 リスケの期間が長くなればなるほど返済額は増えます。

リスケを利用するなら、リスケが終了後の返済額まで考えに入れてくださいね。


法人に1棟貸しをしていたアパートが空き家に

中古マンションを不動産ローンを使って購入し、法人に貸していましたが、その法人が倒産したので、ローン滞納になっています。 競売ということになりかねない状態です。

競売という状況が見え隠れしだしている状況だと、賃貸で住人達を探しというような状況では無いのだと考えます。 競売までには、もう少し時間的な余裕が有るのなら、賃料を相場よりチョット下げて、礼金をゼロにして募集をかければ居住者は集まるのではないかと考えます。

が、競売が目前に迫ってしまっているのなら、金利の付かない身内に頭を下げて借金をして一時凌ぎをしてはいかがでしょうか?

都市部の賃貸物件は繁忙期以外の募集では、礼金が付かない物件の方が契約率が高いです。 物件が市場に出て1週間前後で入居者が決まることが多いようです。


借金は出来ない! 競売までの時間が目前だ!

借金をする先が無い!

入居者を募集している時間的な余裕が無い!

もう、ローン返済を3ヶ月滞納している!

このような状況なら、任意売却でアパートを売却するしか方法は無いと考えます。


任意売却で投資家さんに購入してもらう

投資家さんに一時的に購入してもらっておき、数ヶ月後に買戻すという方法も有ります。

また、投資家さんに購入してもらい、それをリースバックしてアパート経営をするという方法も有ります。

ただ、これらの方法だと "利回り" が恐ろしく悪くなってしまいます。


任意売却をご相談ください

競売の危機に直面しているアパート経営・マンション経営ならば一度ご相談ください。 当社に登録してくれている投資家さんに相談は持ち込めます。

任意売却ホットラインへご相談ください。

住宅ローンの返済が出来なくなりそう

ボーナス月の返済が出来ない

住宅ローンの返済が滞っています

月々の返済が慢性的に滞り気味です

競売の申し立てを受けてしまいました

競売から任意売却に変更したい

競売の申し立てを受けそうなのですが・・

競売にかけると銀行さんに言われました

競売の連帯保証人・任意売却の連帯保証人

連帯保証人には迷惑がかかります

親子間の任意売却

親子間の不動産売買

その他

不動産売却後の差額分の補填が出来ない場合