任意売却ホットライン

TEL:0120-088-020受付9:00~20:00 (日祝は18:00まで)

住宅ローンの返済が厳しい

自己破産をして再出発をした方がようのだろうか?

住宅ローン破綻の質問

自己破産とは

借金超過で苦しんでいる人を救済し、再び立ち直るチャンスを与えるために国が作った制度です。

多くの方々が考えているほどの自己破産者には不利益が生じる分けなく、免責さえ受けてしまえば以後の生活において支障が起きることもありません。 ただ、障害が有るとすれば7年程度の間はローンやクレジットの利用ができなくなるということだけです。

しかし、自己破産をすると生活するために必要最低限の財産以外は換価(現金化)され、失うこととなりますので、債務整理(任意整理・特定調停・個人民事再生手続き・自己破産など)のうちの最終手段的な存在となっています。

自己破産をする必要は無いと考えます

抱えている借金が住宅ローンだけであれば、自己破産を選択する必要は無いと考えます。

自己破産などせずに任意売却でまーホームを売却して借金を圧縮してください。 マイホームを処分後の借金の返済額は大幅に圧縮されるのが一般的です。 詳しくは、私たちに質問を投げかけてください。

給料の差押え

自己破産を申請すると、給料の差押えについても考えておいた方が良いです。

自己破産申請後、免責が認められる前までに給料の差押えをしてくることもあり得ると考えておくべきでしょう。

一般的な給料の差押えは、会社の経理担当を通して上司から『●●君、君に給料の差押えが来た!』ということを告げられることになります。

人の口には戸は立てられません。上司から話が漏れなくても、その他の方々から給料差押えの話は漏れてしまうかもしれません。

それでも自己破産をしたいのなら!

自己破産を選択する場合でも、任意売却はしてください!

弁護士さん/司法書士さんに自己破産を依頼した場合、マイホームの任意売却か競売かを求められます。

自己破産をするのであれば、任意売却でも競売でもそれほど大きな違いは生じませんが、任意売却を選択した方がやや有利です。

任意売却の方が解決までの時間がかなり短い。もらえる引越し代の額が競売に比べて大きい。弁護士さんまたは司法書士さんの不動産業者の相談者が味方として付く。

自己破産は覚悟が必要です

特に、会社勤めの人が自己破産をすると、昇進に影響が出る場合も報告されておりますので塾考して行動をしてください。

企業によっては、昇進の際に、個人信用情報を取得する場合も有るようです。自己破産申し立て後、免責になれば借金から逃れられますが、何かを失うかもしれないということを天秤にかけてください。

住宅ローンの返済が出来なくなりそう

ボーナス月の返済が出来ない

住宅ローンの返済が滞っています

月々の返済が慢性的に滞り気味です

競売の申し立てを受けてしまいました

競売から任意売却に変更したい

競売の申し立てを受けそうなのですが・・

競売にかけると銀行さんに言われました

競売の連帯保証人・任意売却の連帯保証人

連帯保証人には迷惑がかかります

親子間の任意売却

親子間の不動産売買

その他

不動産売却後の差額分の補填が出来ない場合