任意売却ホットライン

TEL:0120-088-020受付9:00~20:00 (日祝は18:00まで)

ボーナスでの住宅ローン返済が出来ない!

ボーナスが無くなってしまった・・

住宅ローンのボーナス払いが苦しい

ボーナス月のローンが返せない

今年に限らず、毎年、夏のボーナス時期・冬のボーナス時期にな必ずボーナス時期の返済が困難になってしまう方々から切実なご相談を頂戴しております。

ボーナス月返済を設定している人は、通常月より返済額を高くしなければなりません。 例えば月々10万円、ボーナス月に30万円のローンを組んでしまっている場合で、賞与カット生じ返済できなかった場合、この30万円を完済しない限り、翌月の10万円返済には移れません。

住宅ローン滞納は競売です

ボーナス月のローンを返せないために、数カ月後には住宅を失うことが多々有ります。マイホームを死守するには切羽詰まる前に融資を受けた金融機関に相談することが最も重要なポイントです。

滞納可能時間は金融機関により異なります

フラット35を扱う住宅金融支援機構では延滞が6ヶ月続くと担保物件を売却し融資金の回収を始めます。民間金融機関では期間がより短い3ヶ月~4ヶ月が多いようです。

任意売却を考えてみてください

最悪のケースとして、住宅ローンの返済が出来なくなってしまった場合には、そのまま競売を待つか任意売却しか道はないです。

住宅ローン返済方法の相談を

住宅ローンの融資を受けている金融機関に、ボーナス払いをなくしてもらえるように相談してみましょう!

返済方法を変えると月々の返済額が増加して、月々が苦しくなることがほとんどです。 ボーナス月の返済に困難を感じだしたら一度、返済の主群れーションを行ってください。

月々の返済額に耐えられない数字がはじき出されてしまった場合には任意売却を考えてください。

傷が大きくなる前にご相談ください

住宅ローンという金利の低い借金の返済に、より金利の高いお金を借りて返済に充てるような馬鹿げたことは絶対に行わないでください。

今の日本、数年後の日本は毎年7~10%もの経済成長をする状況でしょうか。 そのような状況にはまずならないでしょう。

もう少し我慢すれば、いつか好景気になって、ボーナスも元の通りの額になるだろう。 ここは一時しのぎのために、クレジットカードでキャッシングをしようと考えては駄目です。

借金をしながらマイホームを維持するより、売却を考えてください。

ボーナス払いではなく繰り上げ返済を!

これから住宅ローンをボーナス払いを使って借り入れようとしている方々へ警鐘を鳴らします! これから先、日本の景気はそれ程良くなるとは考えられません。

ボーナスなどまとまったお金は繰り上げ返済して、できるだけバカらしい莫大な利払いを減らしていくことを勧めます。

住宅ローンの返済が出来なくなりそう

ボーナス月の返済が出来ない

住宅ローンの返済が滞っています

月々の返済が慢性的に滞り気味です

競売の申し立てを受けてしまいました

競売から任意売却に変更したい

競売の申し立てを受けそうなのですが・・

競売にかけると銀行さんに言われました

競売の連帯保証人・任意売却の連帯保証人

連帯保証人には迷惑がかかります

親子間の任意売却

親子間の不動産売買

その他

不動産売却後の差額分の補填が出来ない場合