任意売却ホットライン

TEL:0120-088-020受付9:00~20:00 (日祝は18:00まで)

競売は任意売却よりも不利な面が有ります

同じマイホームを失うのなら有利な任意売却で・・!

競売後は自己破産なら任意売却は関係無いですよ

競売が終わった後にも引き続き借金の返済は継続するのです

住宅ローンの返済が不可能になった結果として、マイホームが競売にかけられて、そして強制的に売却されることになります。

しかし、競売での落札価格は、返済すべき住宅ローンの全額よりも低いのが一般的です。

競売で家を取られたとはいえ、競売で売った代金でも返済しきれなかった住宅ローンの差額は、引き続き返済を求め続けられます。

競売の落札金額は不動産の市価の相場よりも20%~40%下回ります

安い価格で落札された結果として、その分、返済額が増えることになります。 競売で住まいを失ってしまっているのに、それでも住宅ローンの返済は続くのです。

任意売却が終わった後にも引き続き返済は継続します

任意売却での不動産売買は市場価格よりも若干低い額での取引となります。 競売と比べると任意売却での売値の方が高いことが一般的です。

高く売れるということは、その分、返済する借金の額も多くなるということです。

遅延損害金という罰則金の存在

住宅ローンの返済が延滞している期間にかけられる罰則金みたいなものです。

競売は、任意売却に比べて、売買に時間がかかります。 競売後の返済にはこの遅延損害金が加算された額が請求されてきます。

競売の売買金額が低いというだけではなく、この遅延損害金まで加算されるのです。

相談出来る相手が居るのが任意売却

競売の場合、弁護士さん・司法書士さんにお願いをするのなら、弁護士さんたちに相談ができるでしょう。

しかし、先生方は気軽に何でも相談は出来ませんよ。 任意売却なら多くは不動産業者が主体となって運営をいたしておりますので、世間話のノリで相談ができます。

先生方には1時間も2時間も長話はできませんが、任意売却の業者なら何時間でも依頼者が納得の行くまで長電話につきあってくれるでしょう。

任意売却を選択してください

引越し代の交渉、新しい住まい探しのアドバイス、任意売却が終わった後々まで相談出来るプロが得られる等々、任意売却には競売には無いメリットが数多く存在します。

競売か任意売却かでお悩みなら任意売却ホットラインへご相談ください。
相談無料電話:  

競売のお得な点

任意売却に比べて、処理時間がかかります。
処理に時間がかかるので、その分、任意売却に比べて長く住んでいることができます。

しかし、処理に時間が時間がかかる分、その分、遅延損害金がかかります。

競売後、自己破産を考えている場合
自己破産を考えているのなら、競売をお勧めします。理由は前記しましたように、長く住んでいることが出来るからです。 ローンの借りれが住宅金融支援機構からであれば引越し代が認めてもらえます。

住宅ローンの返済が出来なくなりそう

ボーナス月の返済が出来ない

住宅ローンの返済が滞っています

月々の返済が慢性的に滞り気味です

競売の申し立てを受けてしまいました

競売から任意売却に変更したい

競売の申し立てを受けそうなのですが・・

競売にかけると銀行さんに言われました

競売の連帯保証人・任意売却の連帯保証人

連帯保証人には迷惑がかかります

親子間の任意売却

親子間の不動産売買

その他

不動産売却後の差額分の補填が出来ない場合